一般社団法人 フォレスト・サーベイ

サイトマッププライバシーポリシー
HOME > 令和2年度森林作業システム高度技能者育成 TOP

令和2年度森林作業システム高度技能者育成事業

 

1.事業の目的         ▶

2.育成研修          ▶

 2−1.集材機研修      ▶

 2−2.タワーヤーダ研修   ▶

 2−3.森林作業システム研修 ▶

3.指導者研修         ▶

4.林業機械化推進シンポジウム ▶

(参考)過去の事業結果     ▶

 

 

1.事業の目的

  林業の成長産業化を実現するためには、意欲と能力のある林業経営体の育成を図るとともに、

 素材生産や造材・保育を効率的に進めるための路網整備と、その路網を活かした作業システムを

 実践することが必要不可欠となっています。

  このため、効率的な線形で作設された路網を活用して低コストで高効率な作業システムを構築

 し、安全性と生産性を向上する高度な現場技能者(森林作業システム高度技能者)の育成、及び

 効率的な架線集材を実施することができる現場技能者(高度架線技能者)の育成を図ります。

 

 

  事業案内につきましては、以下よりダウンロードが可能です。
  ※一度PC上に保存してからご利用ください。

 

事業案内(都道府県担当者宛て)資料一括ダウンロード(圧縮ファイル:3.38MB)▶

事業案内(林業事業体等宛て)資料一括ダウンロード(圧縮ファイル:3.08MB)▶

 

 

 

2.育成研修

2−1.集材機研修

  指導的立場となるためのリーダーシップを有した高度架線技能者の育成を目的とした集材機研修

 を実施します。

 

 

 

令和2年度 集材機研修のご案内 (PDFファイル:0.99MB)▶

 

 

(1)「県共催型」:都道府県との共催による研修

   都道府県が計画し、フォレスト・サーベイと共催で実施する研修です。

   都道府県が受講生を公募します。

   研修の実施にあたっては、県等が負担する経費はありません。

 

 

(2)「職場内研修支援(OJT)型」:林業事業体等へ講師を派遣して行う研修

   林業事業体や森林組合、関係団体等が、個別に企画し、受講する研修です。

   この場合、研修会場はそれぞれの研修実施希望者に確保していただきます。

   研修の実施にあたっては、当法人が講師の派遣や必要な経費負担等の支援を行います。

 

 

 

2−2.タワーヤーダ研修

  安全で効率的なタワーヤーダ方式による架線集材を実施するために必要となる知識等を有した高

 度架線技能者の育成を目的としたタワーヤーダ研修を直営型で実施します。

 

 

 

令和2年度 タワーヤーダ研修のご案内 (PDFファイル:1.02MB)▶

 

 

「直営型」:ファレスト・サーベイが直接受講生を募集する研修

   実施場所は、タワーヤーダを保有する林業事業体等に協力をお願いして設定します。

   タワーヤーダ研修にご関心がある方は、フォレスト・サーベイにお問い合せ下さい。

 

 

 

2−3.森林作業システム研修

  低コストで効率的な作業システム効率的な作業システムを構築し、安全性と生産性を向上できる森

 林作業システム高度技能者の育成を目的とした研修を実施します。

 

 

 

令和2年度 森林作業システム研修のご案内 (PDFファイル:0.97MB)▶

 

 

「県共催型」:都道府県との共催による研修

   都道府県が計画し、フォレスト・サーベイと共催で実施する研修です。

   都道府県が受講生を公募します。

   研修の実施にあたっては、県等が負担する経費はありません。

 

 

熟練技能者の紹介について(都道府県担当者へのお願い)

   研修の講師となり得る熟練した現場技能者の紹介をお願いします。

   講師の方には過去又は現在の施業地を案内しながら採用した森林作業システムの説明をお願い

  するとともに、研修中は受講生への助言をお願いしたいと考えています。

 

森林作業システム研修の講師選定要件

 

 

 

3.指導者研修

  森林作業システム研修を幅広く普及するとともに、効率的・効果的な研修を実施するため、研修

 の講師となり得る者を対象とした指導者研修(東京都内で1回・2日間)を実施します。

  熟練技能者等の中から、全国7ブロック単位で2名程度(計14名程度)を当法人が選定し、研修へ

 の参加を要請します。指導者研修の参加者には、宿泊費、旅費及び日当を支給します。

 

 

 

4.林業機械化推進シンポジウム

  林野庁と共催で、令和3年1月〜2月にシンポジウムの開催を予定しています。

 

 

 

(参考)過去の事業結果

 

  架線作業システム高度技能者育成  こちら▶  

 

 

Page Top▲


事業実施団体:一般社団法人 フォレスト・サーベイ 東京分室 森林技能者育成事務局
住所:〒102-0085 東京都千代田区六番町7番地、電話番号:03-6737-1297、FAX:03-6737-1298